Docker:基本。OS(Ubuntu)なども。

Docker

・docker engine:docker client と docker デーモンを組み合わせたもの

・Dockerfile をもとにイメージを作成する

・build:イメージを作成すること

$ docker image build -t hello:latest .

・-t : タグ付け を意味する。あとで呼び出すときに楽になる。
・「:latest」:最新ver を読み込むよう指示
・「.」末尾のドットは、「今いる(カレント)ディレクトリのDockerfile を読み込んでね」って意味

$ docker image buildコマンドは、Dockerfile があるディレクトリで実行する

-t オプション -> 「名前空間/イメージ名:タグ名」

・イメージ名が他と被るとエラーになる。一意にするために「名前空間」をつける
  ・名前空間:プロジェクト名 or レジストリのホスト名 を使うことが多い
・タグ名:ver を書くことが多い。「:latest」は「最新」という意味

-f オプション:ファイル名を指定する場合に使う

$ docker image build -f Dockerfile-test .
Dockerfile 以外のファイル名を使う場合に使うオプション

Dockerfile の中身

FROM unbuntu:21.10

RUN apt update \     ->ライブラリを最新化している
  && apt install -y apache2

CMD ["apachectl", "-D", "FOREGROUND"]; ->apache を起動させる

FROM unbuntu:21.10 FROM で、OS を指定する
Run:実行するコマンドを指定する
 ・RUN apt updateパッケージ(ライブラリ)の管理をする
・「 \ 」:複数行を書くときに使う
・「 && 」:他のコマンドを書くときに使う
apt install -y apache2:apache2 をインストールする
 ・-y:全ての問いに「yes」と自動で回答させるためのオプション。スクリプトで自動化したい場合によく使う。

CMD:コンテナ実行時に、実行させてつづけたいコマンドを書く

用語

ディストリビューションLinux ディストリビューションのこと。
 ・カーネルという中核部分以外の必要な色々なソフトも、含めたLinux のこと。
 ・語源:アプリケーションソフトなどを簡単にインストールできるようにまとめたファイルが「ディストリビューションパッケージ」と呼ばれていた。

カーネルオペレーティングシステム(OS)の基本機能の役割を担うソフトウェア。 カーネルは、OSの中で、中核的なプログラムであり、ハードディスクやメモリなど、コンピュータの資源管理を行なっている。 カーネルは、アプリケーションの実行を許可し、プロセス管理を行います。

参考サイト:

apt コマンドとはUbuntu (OS)のソフトウェアをインストール、更新(アップデート)、アンインストールなどの管理をするためのコマンド

-y オプション

カーネルとは